DV妻の暴言例 - 妻の暴言・・・DV!モラハラに耐える夫

DV妻の暴言例

DVの被害を受けているのが、女性だけという考えを少しでも周知していかなければなりません。
なぜなら、日本では男性がDVの被害を受けていることが増加しているからです。
近年は、妻の暴力に耐えている男性は年々、増えているのが現状です。
そして、男なのにDVの被害なんて恥かしくないか、解決方法はあるのかと悩んでしまいます。
DV妻の暴言や態度の実例をあげたいと思います。

なんで給料が低いの
出世も出来ないなんて
なんでそんなに頭が悪いの
学歴がないくせに
バカになるから話かけないで
やることが遅い
こういう常識なことも出来ないの
夫の家族や親戚に向かって悪口を言う
話をしても意味が分からない
小さい時の育て方が悪かった

夫の仕事場でもあることないことを上司などに電話するなどとにかく、夫の嫌がらせをすることに全力をかけて行います。
夫の居場所を徹底的になくすためです。

上のように、DV妻の行動を見ていると、DVをする人間は性別はどちらもあります。
被害を受けた人からすれば、DVを行う人が男性であっても女性であっても怖い気持ちになります。
男性のほうが女性よりも暴力に対する事を少しは体験してきているので我慢は出来ます。
しかし、女性に暴力をされて周りに助けを求めると、弱い男性とレッテルを張られてしまうから周りに言えないのです。
そのような気持ちがあり、妻からの暴力に我慢して常日頃から繰り返されてしまいます。
夫にたくさんの暴力を行うなんて、ひどい妻と周りは思います。

DV妻の特徴は、たくさんあります。
美人だけど精神的に不安定な人が多いです。
そして、摂食障害などの障害を抱えてる人もいます。
同性の友人がほとんどいません。
親友と呼べる人がずっといないので相談する人も周りにはいません。
表面的な付き合いがとても上手なので、友人が多くいるように見えます。
就職しても仕事は長期間続けられません。
自分の不幸は人のせいにするところがあります。
このように様々な特徴があります。

男性のDVは、DVの被害を周りに認めてもらえないので、我慢をして耐え続けてしまいます。
妻からのDVはとても問題が年々増えているのが実情です。