モラハラ・DV妻の被害 - 妻の暴言・・・DV!モラハラに耐える夫

妻の暴言・・・DV!モラハラに耐える夫 > モラハラ・DV妻の被害

モラハラ・DV妻の被害

DVやモラハラは夫からだけではなく妻からも行われることもあります。
通常、モラハラと言われて思い浮かぶのは、男性から女性に行うものです。
しかし、妻からの言動で傷つけられているモラハラ被害者の男性も増えています。
夫婦間でモラハラが発生してしまう原因はいくつかあります。

モラルハラスメント

・女性がしつこい性格であること
モラハラを行う女性の非常にしつこい人が多いです。
男性から女性のへのモラハラの場合は、女性が傷つき涙を流すと男性が情に流されて治まることがあります。
しかし、女性から男性へのモラハラな場合は、被害に合った男性が涙を流すことは少ないです。
涙を流したとしても、「男のくせに泣くな」などと、より女性の言動が強まり、モラハラがエスカレートしてしまいます。
そして、長時間の言葉の暴力になってしまいます。
男性からの反論を聞き入れるモラハラ加害者は、ほとんどいません。
反論する=怒りに変わってしまいます。

・女性のプライドが高く傲慢
プライドが高い女性もモラハラの加害者になりやすいです。
プライドが高い女性は、自分が正しいと過信しています。
相手に意見されたり、文句を言われることは激昂してしまいます。
自分が満たされないことが、相手への厳しい言葉をぶつけてしまいます。
しかし、このタイプの人は、外に出ると印象がガラッと変わります。
物分りの良い妻を演じているからです。
夫が嘘をついてるように捉える被害もあります。

被害に合いやすい男性は、まじめで優しい方がターゲットに選びます。
物事を途中で投げ出せずにコツコツと頑張れる、どんな人にも優しく接する男性は。モラハラ妻のターゲットになりやすいです。
きつい言動で言われたことで、この男性は自分に悪いところがあるからだと、自分の中に原因があると探し、現状に我慢してしまいます。

しかし、モラハラ加害者の妻は、日常の中で常に不安や不満を感じています。
その鬱憤を晴らすために夫に対してぶつけても、愛や思いやりはありません。