DV妻、増加中! - 妻の暴言・・・DV!モラハラに耐える夫

DV妻、増加中!

近年、DV妻が増加しています。
配偶者やパートナーからの暴力は年々増えています。
その中でも、特に女性から男性へのDVが増加しています。

子どもがいる前で罵倒されたり、自分の親や親戚、友人を馬鹿にされたり罵倒されるのが、非常に苦痛でした。
親が入院した時は、「お前の親なんか、死んだほうがいい」とか、「見舞いに行くもんか」などがあります。
自分が病院の検査に行く時も、「癌だったら良かったのに」みたいな事を言われ続けました。
「絶望的な気持ちと悲しい気持ち。精神的なダメージを受け、何をやってもしょうがない」と体験談を語る方もいました。

モラルハラスメント

妻によるDVの主な被害は、このようなものがあります。
・精神的DV
「何もできない人間だ」などと言われる。
話しかけても無視をする。
「会社にばらすぞ」などの、脅しの言葉を言われる。

・経済的DV
金銭的に自由を奪われ、必要なお金さえも渡さない。

・肉体的DV
リモコンや台所用品などを投げられる。
殴る、蹴るなどの暴力をふるわれる。

「妻の暴力が怖くてたまらない」という方は、2年前に妻と別居しました。
妻からの日常的な暴力が原因だそうです。
本当に些細なことからの暴力だったそうです。
リモコンの置く位置が違うや返事をすぐにしないなどで、殴られたり、蹴られたりしたそうです。
しかも、妻は一度怒り出すと感情が抑えられなくなり、男性が出血するまでの暴力をふるったそうです。
妻と極力顔を合わさないよう、退社後は終電近くまで漫画喫茶やネットカフェなどで時間を潰したそうです。
妻が寝静まってから帰宅をし、自分の寝室の扉の前に机を置き、妻が入られないようにバリケードを作ったそうです。
そうしないと、家の中なのに安心して寝れなかったそうです。

このように近年は、女性から男性の暴力が増加傾向にあります。
女性からの暴力でも、男性のプライドの前に恥じないで、友人・知人又は第三者の方に相談してみてください。
何か変わるかもしれません。