モラハラ妻の暴言 - 妻の暴言・・・DV!モラハラに耐える夫

モラハラ妻の暴言

モラハラやDVは男女の違いで、どちらか一方が悪いということではありません。
モラハラ・DVの行為自体が、人を傷つけてしまうほど罪が大きいことを自覚しなければなりません。

男性であっても女性からのモラハラは急増中です。
男性のモラハラより怖いかもしれないモラハラ妻の暴言。
モラハラ被害を受けたことを恥じることや隠すことはありません。
心が病んでしまう前に、知人・友人などの第三者に話を聞いてもらいましょう。

モラハラ妻の代表的な言動があります。
・理由もなく常に睨みつけてくる。
・話しかけても無視をする。
・何かあるたびに嘘つき呼ばれをする。
・侮辱してくる。
・反論すると口答えだと言われる。
・あなたの家族、親戚、友人の悪口を言われる。
・自分の意見に従わさせるようにする。
・子どもに悪口を言い、あなたに言うよう促す。
・馬鹿にする。

このような代表的な行動や暴言が何回かであれば、イライラしているのかな?とか何かあったのかな?と考えます。
そしてこのような言動が常日頃から繰り返されていれば、モラハラの可能性が非常に高くなります。
対処方法を考える必要があります。

離婚に至らなくても家に帰るのが嫌と言う帰宅恐怖症があります。
そして、離婚後の子どもの生活や自分のようになってしまうのではないかとの心配もしてしまう夫。
妻の言葉による暴力を、男としての意地などからからモラルハラスメントを認めたくないし我慢すればいいと思う夫など、精神的に追い詰められている人は多くいます。
妻は一夫的に小さなことで怒り、優しい旦那さんは何も出来ません。
常日頃から冷たい言葉の暴力を嵐のように浴びさせ続ければ、家庭だけではなく、仕事ではミスなども続いてしまいます。

知らず知らずにのうちに相手を傷つけてしまっている可能性はあります。
普段の自分の言動に気を付けて、モラハラ被害にならないように早めの対処が必要です。
心が病んでしまう前に、相談することおすすめします。