妻が感情的になる理由 - 妻の暴言・・・DV!モラハラに耐える夫

妻の暴言・・・DV!モラハラに耐える夫 > 妻が感情的になる理由

妻が感情的になる理由

結婚生活の中で、妻が感情的になる事は珍しい話ではありません。 妻の方も常に冷静に接したいと頭では分かっていても、つい苛立ち感情的になってしまうようです。 そのため妻がすぐに感情的になる理由を、いくつか紹介します。

子供が言う事を聞かないことからの苛立ち。 多くの奥様方が感情的になる理由の一つとして、子供の教育についてが挙げられます。 特に子供が言う事を聞かないと、つい感情的になってしまう方は少なくないでしょう。 勉強をしない、片付けをしない、服を散らかしている。 それもそのはずで、子供は何かに夢中になると少し言っただけではほとんど反応しなくなるため、つい強い口調になってしまうのは当然です。 また強い口調で言っても子供が行動に移してくれないと、何度も子供に声を掛けなくてはならなくなります。 そしてこの行為が続くと、生理的にも気が高ぶり感情的になってしまうのです。 PTAなどの行事が多いことでもストレスを感じますが、ママ友との付き合い、同級生で出来るお子さんと比べてしまうなどの世界が全てになってしまっている奥さんが多数います。 夫がそのことに理解せず、協力的ではないと更に問題が増します。 夫が理解して上げることが重要です。 共稼ぎ世帯であれば尚のこと協力すべきです。

子供の将来に対しての焦燥感を抱く。 子供の将来の事を考えると、つい感情的になるのは親の性です。 例えば子供が成長して行くと洋服の着替え方、忘れ物の量、物を丁寧に扱う心など子供の未熟な部分が目に余ってきて、その一つ一つが不安材料になります。 また行儀が悪かったりマナーが守れなかったりと、他人ができるのに我が子ができないと子供の将来が不安になるでしょう。 こういった積み重ねが焦燥感を抱き、これがイライラの原因になり感情的な行動が生まれるのです。

怒りがエスカレートする前に夫が休日に子供を連れ出し、妻の時間を確保する。 感情的な怒りは、更なる感情的な怒りへと変化させ怒鳴る行為を生み出します。 例えば最初は子供を叱っているだけかもしれませんが、この行為が蓄積されると怒鳴っている事がザラになります。 こうなると心理的に見て、本人も何に注意をしていたのかさえ分からなくなるようです。 そのため癖のように毎日怒鳴っていると悪循環を招きますので、何らかの方法でガス抜きをしなければいけません。 子供を妻が見ており、夫は仕事となると妻の精神状況に不安があると、DVをお子さんに振るっていたり、セルフネグレクト(子供を一人にし子育てを放棄すること)も考えられますから積極的に子育てに参加すべきです。 一昔前の夫が仕事、妻は専業主婦の役割分担が現代では難しくなってますから。 妻の変化に気がつかないでいると大変なことになりますから、無関心はお止めください。 近年では、産後鬱になる方が増加しています。 この背景には、以前はお爺ちゃんやお婆ちゃんと一緒に住んでいたので、子育ての先輩がいましたが、今では核家族となっているために子育てに対してのサポートが弱いことが原因です。

女性の疲れは肌荒れや声の大きさなどで判断しましょう。 疲れていると、誰しも感情的になってしまいます。 疲れてしまう原因の一つに子育てがあり、これは精神的にも体力的にも疲労が溜まる行為なのです。 例えば、普段から何気なく子供と接しているだけでも脳と体は常にフル稼働していますので、子供と接した後は実は相当に疲れているのです。 そのため疲れている体に何らかの切っ掛けを与えると心に余裕がなくなり、つい感情がむき出しになってしまうのです。

夫の態度で豹変する場合もありますよ。 よくある例では、いただきます、ご馳走様、食器を片づけない、美味しそうに食べない、話しを聞いてくれない、靴や服や靴下を投げ散らかす、給料が少ない、臭い、ゴロゴロ寝てばかりいる、飲み会が多い、など数え上げればキリがありませんありませんのでこのくらいで。 コミュニケーション不足がトラブルを招きます。 頻繁にコミュニケーションを取り、妻が嫌なこと、妻が何を考えているのかを察しましょう。 妻は人に話しを聞いてもらいストレスを発散したい生き物です。 ここでのポイントは、決してアドバイスはせず話しだけを聞いてください。 妻は答えが決まっていますから、話しを聞くだけで十分です。 アドバイスをビジネス理論で行う夫が多いのですが、これは一番妻に嫌われるパターンですのでご注意を!!

女性特有の悩みもありますよ。 太った、生理痛、更年期障害、しわ、などです。 気がついても身体的なことは口にしないでください。 冗談でも女性は傷つきます。 妻が太ったと感じたら、最近サプリ飲み始めたんだ俺、体のことを考えてと伝え、一緒に飲まないかなどと自分が悩みがあるようにして妻に勧めるようにしましょう。

妻がすぐに感情的になる理由を紹介しましたが、これはほんの一握りです。 実際には他にも様々な理由がありますので、実に難しいところでしょう。 ただ今回挙げた例を見ても、疲れやイラつきが原因となることが多いようですので、できるだけリラックスができる環境を提供できると、妻が感情的にならずに済むのかも知れません。 具体的な解決方法を記載しましたので当てはまる方は、上手に活用してみてください。