子供に怒鳴る妻 - 妻の暴言・・・DV!モラハラに耐える夫

子供に怒鳴る妻

近年、親が子供に怒鳴る人が増えているようです。 これは特に日常から子供と接する機会が多い母親に多く見られる傾向があるのですが、実はこの行為は子供に悪影響を及ぼしている可能性があります。 そのため子供に怒鳴る妻をテーマに、解説をしていきます。

子育てにおいて叱る事は重要ですが、これがエスカレーションして怒鳴るに変わると子供に悪影響を与えてしまいます。 確かに子供が言うことをきかない場合や何度も同じ失敗をする場合、イライラする時には怒鳴りたくなるのが人間です。 もちろん怒鳴る場合の効果として一時的には言うことを聞き、思い通りの行動をしてくれるかもしれません。 しかし長期的に見ると、子供を怒鳴りつけるという行為は恐怖心を植え付けるだけで、全く良い事には繋がらないのです。

怒鳴ると叱るは全く異なることを知ってください。 親は子供の事に真剣になるあまり、感情的になる事は仕方がありません。 しかしイライラした感情を子供にぶつけると、これが最終的には怒鳴る行為となってしまいます。 ちなみに叱るとは相手をより良い方に導く行為、怒鳴るは感情を外に爆発させる事になります。 怒鳴ると叱るは似ているようで、全く違うものだという事が解かるでしょう。

子供が受ける影響とはどんなものなのでしょうか? では子供に怒鳴る行為がどのような結果を生じるのかと言えば、一般的には人の目ばかりを気にする子に育ちます。 常識的な話で子供に暴力を奮うのは良くないという事は、誰でも分かっていると思います。 しかし怒鳴る行為は、暴力を振るうのと同等と言っても過言ではなく、子供の心を大きく傷つける事になるのです。 子供からしてみると親は絶対的な存在ですので、子供の心は恐怖で萎縮してしまう事でしょう。 その結果として恐怖のあまり何かと回避行動を学習し、自分から積極的に行動しない子へと育ちます。 また人の顔色を見て行動をする事で本音を話さずに病気を発症したり、孤立してしまう危険性も高くなります。

怒鳴る行為は連鎖するします。 子供が大人になると、子供時代に怒鳴られた経験から同じように怒鳴る、暴力を振るうなどの行為をする傾向が強くなります。 幼少時代の経験は今後の子供の未来を形成するものになりますので、親がしっかりと教えて基盤を作ってあげる必要があります。 そのため現在怒鳴って言う事を聞かせようとしている人は、今のうちに行動を見直した方が良いと言えるでしょう。

感情的になって子供に怒鳴ってしまう理由は、家庭によって様々な理由があるでしょう。 しかし子供の成長を考えると、この怒鳴る行為は成長には全く良い結果とならないという事が理解できると思います。 そのため怒鳴る前にひと呼吸おき、頭を冷やしてから行動をすると良い結果に繋がるのではないでしょうか。

そもそも子供は思ったように行動してくれませんから、諦めることが一番重要です。 感情的になるのは、自分の思い通りに事が進まないからです。 具体的な解決方法は、少なくても小学生の間(12歳)までは、子供のために全てこちらがやって上げることを心がけ、年齢に合わせてできることを増やしていって上げてください。